住んでいるところ

いきなり起こるのが乗用車の事故です。アルクもう一度英語ビジネス Plus

その状況でどのように判断するかによって保険金の支払いも大きく変わる場合もあるので間違えない考えと対処が大切です。

考えもしない状況にあって動揺してしまうのならば大切な場面を見逃してしまい、先々自身がかなり大きな損をする場面も予測できるので車の事故を起こしてしまった場合は的確に以下の作業をしましょう。

事故を起こした場合にまずする必要があるのは怪我をした方の確認です。

自動車の事故の後すぐは動揺して虚脱状態になってしまう場面がありすぐに対処できないのが一般的です。

なので、負傷した方がいたら安全な地点に移して処置して救急車を呼ぶなど負傷者の優先に努めることが大事です。

救急車を呼ぶ場合は明確な現場を知らせ不明確な場面では周りの目を引くお店や交差点名を伝えてその位置が判断できるようにします。

その後に警察へ知らせて、自動車事故が起こった事そして簡単に状況を知らせます。

救急車と警察の到着を待っている間に相手側の内容をチェックします。

姓名、住んでいるところ、電話番号、車のプレート事故の相手側の自動車保険の会社名などなど自分だけでなく相手の身元を交換します。

この時相手側に非があったような状況では事故現場でやり取りしようとする場合が考えれますが結論を出すのではなくどの場合だったにせよ警察や自動車の保険会社通報して平等に確認してもらうことが重要です。

関係者の内容を言ったら他の交通のさまたげにならないように障害物を道から取り去ります。

もしも被害が誰かの車の邪魔となっている状態では相手と自分の情報の交換をするより優先してこれを完了させても問題はないです。

その後自らの掛金を支払っている保険屋さんに連絡を入れ、交通事故が発生したことを報告します。

自動車での事故から特定時間の内に保険屋さんに報告していないと、車の保険の適用されない場合も想定されますので可能な限り素早く行動することが大事です。

さらに交通事故の証拠としてコンパクトカメラや携帯などで事故現場や乗用車の破損箇所が分かる写真をを写します。

これは責任の割合決定する時にデータとできますので己の自動車や相手の車の壊れた箇所を的確に証拠写真として残しておくことが重要です。

その場面で他の人がいたのなら警察の方や保険屋さんの人が来るまでその場にそのまま待ってもらうようお願いするのも大切です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.thevuvclub.com All Rights Reserved.