などでも当たり前に負担が必要なものなんです

自動車重量税、別称重量税は、国産自動車や海外の車など愛車の生産している国やハッチバック、1BOX車など車の形も例外なく、例えば、ニッサンやオペル、などでも当たり前に負担が必要なものなんです。

新車登録の際、または車検の場合に支払いが発生する税金なのです。

その額はその愛車の車重によって決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金はまったく違う税金ですので、きちんと理解をして混同しないようにしなければなりません。

「自動車重量税は自動車の重量によって」「自動車税はリッター数により」その税額が変わります。

そして買取する場合の待遇も変わりますし注意が必要です。

自動車の売却の時には既に納めた車の重量税がどれだけ残っていてもその税金が戻ってくることはないですが、一方自動車税の場合は支払った税額を買取金額に上乗せしてくれるといったことがありますが、重量税に関しては上乗せになるような場合はあまりないのです。

重量税は自動車を売る際既に納めた税金が残存しているからと言って車買い取り専門店の方でそれが配慮される場合はまずないのです。

そのため次回の支払い、つまるところ車検に出すまで売るのを少し待ち買取っていただくということが無駄は少ないと思います。

自動車買い取りの際は考慮されない重量税でも例外的な事例だと戻ってくることもあります。

これにあたるのは車検の効力が残っている自動車を廃車にする時。

要するに廃車登録をすれば残っている期間に応じて金額が返金されます。

ですが、車の買い取りの場合はその自動車が廃車になるのとは異なり返金されません。

さらに売却する自動車の名義を変更してしまったケースや盗難被害に遭ったケースなども返金してもらうことはできません。

重量税の残っている期間がある車を手放すイコール、つまり車検が残っているクルマです。

そういったことを店側も考慮しますから自動車重量税の残存期間があれば少しは売却額があがると思います。

当然査定額は店次第で異なりますが車検の効力がまだある事実が考慮されれば愛車の査定額と比較するとあまり払い損ということもありません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.thevuvclub.com All Rights Reserved.