www.thevuvclub.com

三十代のファミコン世代です。物心ついた頃から任天堂のファミコンが自宅にありました。あれから三十年、家庭用ハード機の種類も数多あり、すべての機種を持っている人間はほとんどいないという状況になりました。ゲームの種類も通信型のオンラインゲームが主流となり、初期のゲームの「一人でプレイするもの」という認識から「みんなとつながって」体験するものへと変化してきています。初めてオンラインゲームをプレイした時は強いカルチャーショックを受けたものです。ある意味、公園や広場に集まってみんなで缶けりをしていたころの認識に近づきつつあるのかもしれません。また大きな変化として感じるのがゲームを買うという認識が希薄になってきていることです。これも無料オンラインゲームのおかげ、あるいはせいでしょう。オールドタイプのゲーマーとしてはやはり買ってきたゲームを一人でじっくりやりこむのが至福の時なのですが、これはもはや絶滅危惧種的な行為なのでしょうか…。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.thevuvclub.com All Rights Reserved.